木材・建材

木の持つ自然の香り、やさしさ

今、新たに見直されている木造住宅。確かな・質の良い木造住宅を求めているお客様に、安心してそして効率良く木材がご提供できるように多岐にわたる木材を取り揃えております。

創業者のこだわりは栃木からはじまりました。伝統ある木材出荷修行を終え、東京での木材仕入れ業に移行。長い年月で培われたノウハウをもって、時代にあった木材を提供し続けてまいりました。
木材の使われ方も変化しましたが、その木材の生きる場所を追及し、常にこだわりを持って木材の仕入れを行っております。

産地のリスト

米松梁 カナダ・アメリカ産
杉柱・間柱・母屋・桁 宮崎産
桧柱 三重・群馬・その他
杉羽柄材 秋田産
桧羽柄材 静岡・福島産 静岡・福島産
仕上材、桧 静岡・その他
静岡・秋田・その他
唐松 岩手・ロシア産

仕上げ材

仕上げ材は、杉・檜・松・パインといった無垢材をご提案。
主に家屋の内装部分(天井・壁・床など)の装飾に用いられる木材です。木の持つ自然の香り、やさしさがそのお部屋をつつみます。

羽目板

鳥の羽のように板の端を、重ね合わせつなげる。
主に天井・壁に使用します。(本実超仕上)

縁甲板

両側面を凹凸加工(本実加工)して接ぎあわせて
張る板。主に床部分に多く使用されてます。

プレカット材について

今までは現場で大工さんが梁や柱の接合部を、現場でノミやカンナで削りだして家を建てていました。しかし、その作業にかかる時間はとても大きく、現場に負担をかけます。プレカット工法は、現場での作業を効率よくする為、工場で主に構造用の木材を加工します。あらかじめ正確に加工した材料を現場で組み立てることにより現場の合理化を図ります。確かな職人が、最新の設備を駆使して、今までに培ったノウハウを余すことなく出し切り、確実な材料として送り出します。

FLOWプレカット材の流れ

プレカット材の流れ

加工したプレカット木材は、安全・迅速にをモットーに、弊社のトラックで現場まで確実にお届けいたします。
※現場までの運搬費は別途かかります。

木材販売のWoodCenter

木材販売のウッドセンター、木材加工、オーダーも対応。